もし賃貸への引っ越しを考えているのでしたら、最も重要なことが利便性なのではないでしょうか?
せっかく何かと便利な賃貸へ引っ越しをするのですから利便性を重視して探してみましょう。 様々な費用を大家さんや不動産屋と交渉をする人がいますが、実際に交渉対象となるのは礼金や敷金、また事例は少ないですが家賃となります。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。

 

不動産屋に何かしらの費用の値下げを交渉しようと考えているのでしたら、家賃と礼金がその交渉の対象となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。

 

賃貸物件の契約に必要な費用の値下げ交渉をする前に、初期費用として必要な金額を必ず計算しておいてください。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。



家賃交渉をする時のコツブログ:2022年05月13日

シェイプアップの時に食事の回数を減らすといけない理由を
皆様は知っていますか?

それは、脂肪が体質に定着しやすくなるからなんですね。

ウエストが空くのは当たり前のことですが、
イライラするほどウエストが空きすぎた状態というのは、
体質に必要なエネルギーが足りておらず、危機感を感じている証拠。

この状態の時にご飯を食べると、
体質は同じようなことになるのを避けるために、
できるだけ多くのエネルギーを蓄えようとします。
このエネルギーというのが脂肪です。
 
せっかくご飯の量や回数を減らして、
摂取カロリーを減らしているつもりなのに、
吸収される脂肪や栄養素が増えてしまうのは
あまり効率がよくないですよね。

これらのマイナス面をクリアするためには
「ウエストが空いた状態を作らない」ことが大事なんです!

そのためには、
「食事の回数を増やす」のが有効!

ここで大切なのは、
摂取カロリーは3食の時と同じくらいにすることです。
同じように4食食べれば、
単に摂取カロリーが増えただけとなってしまいます。
 
食べ物を消化するには
だいたい三時間〜四時間かかるので、
その間隔で少量ずつ摂るとよいでしょう。

また、1回の食事量を減らさなければならないからといっても、
ご飯や麺類などの主食を減らすのはあまりよくありません。
これらを減らすとリバウンドの可能性が高くなるので注意しましょう。

三時間〜四時間おきに
規則正しく食事を摂るのはなかなか難しいかもしれませんが、
その場合は、おやつを軽い食事に変えるなどして、
食事の回数が増えるよう工夫してみてください。
 
こうして、効率よく脂肪燃焼できる体質になって、
シェイプアップを成功させましょう!