気軽に引越しをすることの出来る賃貸ですが、一つ忘れてはいけないのはその物件は貴方のものでは無いということです。
物件のオーナーに借りているという自覚を持ち、常識ある賃貸生活を心掛けるようにしてください。 流通物件と呼ばれている物件は、大家さんが不動産屋に依頼をして取り扱われている物件のことを言います。
言うならばどこの不動産屋でも紹介することの出来る物件ということであり、主にターミナル型の不動産屋に流通物件は集中しています。

 

決められた不動産屋のみで取り扱っている物件を独自物件と呼んでおり、これはその物件のオーナーからの依頼によって不動産屋で紹介をしています。
このような独自物件は地域密着型の不動産屋が多く取り扱っている傾向にあります。

 

賃貸物件でも独自物件が人気の理由は、比較的綺麗な状態の物件が多く、また管理状況もしっかりと整っているのが特徴です。
なのでより良い物件を探しているのでしたら、流通物件よりも独自物件からまずは探してみると良いでしょう。



流通物件と独自物件の違いブログ:2022年07月28日

1週間くらい前、
群馬の草津温泉へ一人旅に行ってきました。

あたくしは仕事でもプライベートでも、
よりよい状態を目指して頑張るけれど上手くいかなくて、
煮詰まっている状況でした。

それを知った友人から
「一人旅に行ってきたら?」という提案があり、
奥さんの強い勧めもあって、気乗りしないながらも行く事にしました。

気乗りしていないので、
あたくしはとりあえず草津に行くことだけを決めて、
宿も取らないで出発しました。

草津に着いて宿を決めて部屋に入り、
荷物を降ろして一息ついた時、
あたくしはほっとしてくつろぐ訳でもなく、沈んでいました。

「やっちゃった…」「仕事休んじゃった…」
私あたくしは何かとっても悪い事をしているように感じました。

とりあえずお風呂に入り、
22時ごはんを食べましたが、
相変わらず気分は沈んだままです。

他にやることがないので、
とりあえずお風呂に入りました。

そこで気づいたのですが、
お風呂に入ると思考が止まるんですよね。

温泉に浸かって
「う〜〜」「あーー」と言ってる時、
仕事の事も奥さんの事も全く気になりません。

草津のお湯で身体も心もほぐれたのか、
ようやく疲れを感じることができるようになってきました。

身体がダルくて肩やこしの痛みを感じます。
そして、考える事が面倒くさくなってきて、
考える気力も湧いてきません。

結局、草津にいる間にしたことは、
眠たくなって寝る事と、
腹が減ってごはんを食べる事と、
気持ちいいからお風呂に入る事のたった3つになりました。

この3つだけで、
あっという間に1日が過ぎてしまいます。

しかし、そんな1日を過ごしても、
自分1人だけですので誰にも迷惑はかかりません。
堂々とそんな1日を過ごす事ができて、
まさにストレスフリーの状態でした。