これまでに賃貸から賃貸へ引っ越しを繰り返している人もいることでしょう。
そう考えると分譲で買ってしまった方が良いかと考えてしまうかもしれませんが、賃貸の方が圧倒的に便利でお得なのです。 賃貸情報が掲載されている資料には、借りる条件や周辺の地図など様々な情報が公開されています。
今では物件の外見や室内の様子などの画像が添付されていることもあり、それだけで多くの情報収集をすることが出来ます。

 

初期費用や家賃というのは賃貸物件を探している人にとりましては非常に重要なことであり、何よりも先に知りたいことなのではないでしょうか?
このような基本的な予算を知ることも大切ですが、その他駐車料金や管理費なども確認することが大切です。

 

賃貸物件が紹介されている資料には、初期に必要な費用が記載されていますので、引越しに必要なある程度の費用を知ることができます。
また火災保険料の有無や、その金額なども掲載されているので忘れずにチェックしておいてください。



賃貸の物件情報で費用面を確認ブログ:2022年08月07日

食パンやそば・パスタなどの麺類が
当たり前のように食卓に上るようになった今、

オレの周囲にも
「24時間3食麺でもいいな」とか
「24時間1回はパスタを食べたい」等と言う人が多いですが…

オレは「24時間3食ご飯OK派!」です。

もちろん、食パンもパスタも好きですが、
「ご飯」は特別ヒイキしてしまう炭水化物であり、
大切な主食なのです。

白いご飯とお味噌汁のセットは、基本中の基本として、
ご飯が主役となる「おにぎり」には特に目がありません。

炊飯器から立ち上る「フワッ」としたかぐわしい香りと湯気。
しゃもじで、炊き上がったご飯に空気を与え、
それをおにぎりにする時といったら、なんとも幸せな気持になります。

「どこかに行きたいな」と思うときのお供は、何と言っても「おにぎり」。
作りたてはもちろん、冷めても味わい深いおにぎりって何て素敵なんでしょう!

「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、
上手かどうかは別として、オレはおにぎり作りが大好きです。

今では、何個か作る時、手の平に乗せるご飯の量で、
だいだい200グラムという平均値が出せるようになり、
「おにぎり屋さんになれるかもね〜」などと一人自己満足。

このように、
手の平のぬくもりが残る食べ物っておいしい物なのだろうな…と
廃れることの無いご飯文化を思ったりもします。

中に入れる「具」も様々な物が合いますし、新しい具で冒険もできる…
それも大きな魅力です。

シンプルな素材だけに
作る人それぞれのちょっとした工夫が十分に生かされる、
日本人には欠かせない「チカラの素」だとオレは思います。